愛全会についてご挨拶

ご挨拶

愛全会の『愛』は思いやりと優しさの『愛』。
すべてのご高齢者さまに生きる喜びを与えたい。

医療法人 愛全会 理事長、社会福祉法人 愛全会 会長 赤塚 知以 医療法人 愛全会 理事長
社会福祉法人 愛全会 会長
赤塚 知以

  • 医療法人を開設した1969年当時は、福祉施設も福祉制度も不十分な時代でした。そのため、特別養護老人ホームのご利用者さまは十分なサービスを受けられず、なかには施設側の心ない対応に胸を痛める場面も多くあったように感じます。
    このような状況の中、医療法人のサービス向上のために、1975年に社会福祉法人を設立。同年、現在の特別養護老人ホーム『サン・グレイス』を開業しました。私たちが理想とする介護の前例が乏しい中でのスタートだったので戸惑うことが多かったのですが、ご高齢者さまを笑顔にするためにはどうすべきかという問いを胸に、先代理事長とともに寝る間も惜しんで仕事に明け暮れていました。
  • 私たちが大切にしているものは『愛』です。思いやりの愛、優しさの愛。つまりそれは、誰かの心に希望の灯をともすこと。人はただ長生きすればいいだけではありません。生きる希望が必要で、その希望を芽生えさせるには、生きる喜びや活力を提供しなければならないのです。
  • 愛全会では働くスタッフのスキルアップと心の育成の両立、なかでも接遇・マナーの指導に力を入れており、ご高齢者さまを人生の先輩として敬う、豊かな心を育んでいます。これこそが愛全会の本質。立派な施設を用意するだけでなく、ご高齢者さまにとって安らぎの場、私たちにとって快適な職場にするには、スタッフ一人ひとりの心を込めることが大切だと思っています。
  • 私たちは、これからもすべてのご高齢者さまの幸せのために挑戦を続けていくことをお約束します。

福祉のパイオニアとして、
未来の愛全会を築くのはスタッフ一人ひとりの情熱です。

社会福祉法人 愛全会 理事長 赤塚 睦 社会福祉法人 愛全会 理事長
赤塚 睦

  • ご利用者さまが安心・快適に過ごしていただくためにはスタッフの明るさと元気が何より大切だと思っています。いつも笑顔や話し声が溢れる施設の雰囲気づくりはスタッフのおかげです。若いスタッフはより高度なスキルを身につけようとする気持ちを持っていますし、ベテランは自分の経験や技術を率先して教えるという職場風土が根付いています。これも愛全会が長い歴史で培った強みといえるのでしょう。
  • 私たちが大切にしていることは、ここで働く価値づくりと働きやすさの両立です。働く価値づくりとは、スタッフ一人ひとりのキャリアアップを支援する研修制度や奨学金制度などを整備していることです。これによって、より高度なスキルを身につけることが可能になり、サービスの高品質化にも貢献できます。また働きやすさの面では、出産・育児休暇や保育園や女子寮の完備など安心して働ける環境づくりに力を注いでいます。
  • 愛全会では、かつての高齢者施設にあった暗くて閉鎖されたイメージを打破し、明るい館内環境の中、ご利用者さまにはそれぞれに趣味活動やお友達づきあいを楽しんでいただいています。休日にはお孫さんを連れたご家族さまの面会も多く、笑い声で溢れていることも愛全会の特徴かもしれません。
  • 私は常々若いスタッフに何事も『心』が大切だと語りかけます。安心・快適に幸せに生活していただくことが私たちのモットー。そのためには自分の思考や行動に心がこもっているのかを自問しながら働いて欲しいと思っています。
  • 無料シャトルバスのご案内
  • 介護Q&A
  • 介護認定を受けるには
  • 採用情報
ページトップへ